スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今年のクリスマス

クリスマスはいかがお過ごしだろうか。

 

私は毎年恒例の喘息が出てしまい、数日前から家で大人しく過ごしている。

 

あれ?いつもと変わらない!

 

喘息の期間限定でではなく人生単位で引きこもりなので、何も問題はない。

 

あっ、でもいとこ大中小のうち、いとこ小(2歳)が家に来たわ。

 

ぽぽちゃんっていうお人形さんの一回り小さい、ちいぽぽちゃんをプレゼントした。

 

2歳児が赤ちゃんのお人形さんの面倒を見るっていう、珍しい現象を見ることができた。

 

自力で服を着られないんだから服を着せることなんてできないんだけど、

 

それでも一生懸命服を着せようとするいとこ小。

 

祖母が「あらー、お姉さんねえ」と言うと首を横に振った。どうやら母親設定らしい。

 

甲斐甲斐しく世話を焼き、終始キリッとした顔をしていた。

 

「2歳の母」というドラマを制作するときは、是非うちのいとこ小を起用して頂きたい。

 

いい演技するぜ・・・?

 

いとこ中(小1)はクリスマスプレゼント、

 

いとこ大(中二)にはお年玉を用意してあるからたのしみだ。

 

 

 

あとは、年賀状を書いて出しに行ったよ。

 

年賀状って、明るく前向きでめでたいことを書くよね?

 

言葉は出てくるんだけど、全部年賀状にはふさわしくないものなんだよ。

 

期せずして、いかに自分がうつうつとしていて毒々しい人間なのかを

 

見つめることになってしまった。

 

どうにかこうにか年賀状を書いて出しに行ったついでに、お買い物に行った。

 

お買い物といっても、クリスマス的なショッピング的なものじゃない。歯みがき粉。

 

ドラッグストアじゃなくてスーパーでいいやと思って、近所のスーパーに寄ってきた。

 

それがね、クリスマスの商品が売ってて、すごくテンションがあがったんだよ。

 

まず、入ってすぐに置いてあったもの。

 

 

 

 

 

 

謎野菜。

 

 

 

 

 

 

多分、青果担当者がクリスマスツリーと間違えて仕入れたんだと思う。

 

ロマネスコといえば、フィボナッチ数列だよね。

 

螺旋の数がフィボナッチ数列の数でできてるので、セットで語られることが多い。

 

フィボナッチ数列とは、前の2つの数字を足すと次の数字になる数列。

 

1、1、2、3、5、8、13、21、34・・・。

 

自然界ではフィボナッチ数列が多く見られるので、「神の数列」といわれている。

 

ああ、実に美しい・・・(恍惚)。興奮して思わずバシャバシャ写真を撮ってしまった。

 

あとはロブスターが売っていたり鶏が丸々売っていたり、

 

田舎のスーパーの商品が華やかになっていて企業努力を感じた。

 

 

 

ちょっと外出したくらいの、ケーキもない地味なクリスマスだった。

 

いつもと同じクリスマスだったってこと。

 

でもね、みんなのこと考えるよ。

 

あのこは元気かな?どんなクリスマスを過ごしてるかな?歯みがき粉あるかな?って。

 

この上なく最高に幸せにっていうのは難しいかもしれないけど、

 

せめて心穏やかに過ごせますように。

 

 

 

スポンサーサイト

コメント