スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

私が思うこと

カウンセリング中クライアントさんに、相談の内容をどう思うか聞かれることがある。

 

話の内容がくだらないですよね、とかこんな私ってどうしようもないですよね、とか。

 

そんなことないよ。そんなことない。

 

「視野が狭くなってるのかな」と思うことはあるけど、

 

「くだらないことで悩んでるよこの人」とは思わないなあ。

 

例えば「どれだけストレスを感じるか数字で表してください」

 

ってストレスチェックをするとするじゃない?

 

老後への不安が30で晩ごはんの献立を考えることが90なら、

 

食卓に問題となる何かがありそうだよね。

 

恋人に別れを告げられた人、夏休みの宿題が終わらない小学生。

 

誰かにとっては「よくあること」で片付けられても、

 

別の誰かにとっては世界の終わりのように感じるかもしれない。

 

だからくだらない悩みなんてないと思うよ。大丈夫。

 

 

 

あっ、くだらないとは思わないけど、これってどういうことなんだろうと思うことはあるわ。

 

「彼から連絡が来ないんです」という話を聞いてるのが

 

恋人すらいない私、っていうこのシステム何!?って。

 

リア充たちよ爆発したらいかがですか?とは思わないけど、

 

こんな私でごめんねっていう気持ちにはなる。

 

きれいなお姉さんに相談したいよねって。

 

 

 

というかね、くだらないだ何だって話をするなら、

 

私ほどくだらないことを気にする人間はいないと思うよ。

 

人が気にしないような小さなことが気になるから、こういう仕事をしているんだろうし。

 

永遠の思春期だしね。

 

 

 

だから大丈夫だよ。

 

 

 

スポンサーサイト

コメント