はうる

少し前のことだけど、11月23日にライブに行ってきた。

 

CDにチケットの先行抽選券が入っていて、応募したんだ。

 

CDを6枚買ったのに外れた人も結構いて、2枚で当たったのは運が良かったみたいだ。

 

こういうことは、本当にめずらしい。私は自分のための願いは、叶わないことがほとんどなんだよ。

 

他人の願いを叶えるのは得意なんだけど。

 

振り返ってみると、好運が続いた気がする。ツアーのグッズを人から頂いたりとか、色々と。

 

 

 

セットはとてもシンプルで、深い夜の色に星がいくつかあるだけだった。

 

ツアータイトルは、「はうる」。

 

遠吠えを意味する英語、howlから。

 

負け犬が夜中に遠吠えをする、ということなんだろうな。

 

曲中に「負け犬」という歌詞も出てくるし。

 

 

 

ライブに行く前は、きっと号泣するんだろうなと思っていた。

 

でも前日の夜になっても当日の朝になっても、ライブ中ですら高揚感があまりなかった。

 

ホロリと涙することは何度かあったけど。

 

歳を取ったとか理由はいくつかあるけど、一番大きな原因は私の仕事にあるんだろうな。

 

この仕事を始めてから、人に期待をしなくなった。

 

人の本音を聞き過ぎているし、人を観察し過ぎているから。

 

それに私は「すごいですね!」と言われることが好きではない。

 

本当は先生と呼ばれることも好きではない。人とは横並びでいたい。

 

だから誰かを尊敬することはあっても、憧れることはなくなったな。

 

そういうのが行き過ぎると、人を寂しくさせるから。

 

 

 

ライブは、アーティストの「あ゛ーーーーーー!!!」という大絶叫で終わった。

 

喜怒哀楽が薄い彼のその遠吠えは、強く印象に残るものだった。

 

傷付きやすくて繊細だからこそ表情が一定で、本来は感情が過多なんだろう。

 

あの遠吠えをさせる「何か」は、いつも無表情で人に冷たい私にもあるような気がした。

 

 

 

コメント