謹賀新年

明けましておめでとうございます。年末年始はいかがお過ごしでしょうか。

 

私はゆるっと仕事をしながら、ゆるっと過ごしています。

 

あとはおもち食べて夜中はAbemaTVでフルハウス三昧。フルハウス観て泣いてる。

 

自分でも「えっ、フルハウスで?大丈夫?」って思うけど。

 

それから持病の横隔膜ヘルニアが悪化して、うまく呼吸ができないしうまく寝られない。

 

以前いくつか病院に行ったけどどうしようもないらしいので、なるようになるしかない。

 

苦しいから涅槃像みたいな格好じゃないと横になれないんだけど、

 

まさに涅槃とか入滅という単語が頭をよぎる。

 

暗い部屋で、今までの人生を振り返る。私の人生の意味って、何だったんだろう?

 

うおおおおおお!新年早々、何で人生を振り返ってるんだよ!縁起でもない!

 

具合が悪いときに限って生きている意味とか考えちゃうけど、

 

健康なときにだって答えが出ない壮大な問題を何で具合が悪いときに考えるんだよ!

 

気圧とか寒さとかで冬は調子悪くなるけど、必ず春は来るから。

 

それまでの辛抱だよ。がんばって!

 

 

 

ちなみにスピリチュアル的な観点からすると、人が生きる意味は「体験すること」。

 

でもね、人は生きている以上、自動的に何かを体験する。

 

ぼーっとしているときだって、ぼーっとしていることを体験している。

 

だから生きる意味って、生きることそのものってことなんだよね。

 

でも多くの人は、生きる目的とか生きていけるだけの理由のことを、

 

「生きる意味とは何か」って言っているんだろうなあ。

 

幸か不幸か、人生には目的や理由は存在しない。何をしても自由。

 

生をまっとうして自分の人生を精一杯生きることが、生きる意味なんだよ。

 

そう、たとえ横隔膜ヘルニアだったとしてもだ。

 

 

 

縁起のいい話もある。

 

大晦日から元旦に日付が変わる頃、私は変な姿勢ながらもすでにうとうとしていた。

 

そしたら急に、鳥のさえずりが聞こえてきたんだよね。

 

これは酉年だからじゃなくて、新しい年が来たよっていうお知らせ。

 

鳥は、メッセンジャーだから。にわとりは朝を告げ、伝書鳩は手紙を運ぶ。

 

ノアの方舟に洪水が鎮まったのを知らせたのも鳥だしね。

 

ちなみにこのノアさん、泥酔して全裸のところを自分の息子に目撃されたんだけど、

 

それを兄弟?に話したからって呪っちゃったんだよ。すごいよね。

 

あとは大晦日の日に、誰からかはわからないけど銀の砂をもらった。

 

銀の砂っていっても、実物があるわけじゃなくてあくまで目に見えないものなんだけど。

 

きれいだけど、何に使うんだろう?用途不明。先生に聞いてみよう。

 

先生で思い出したけど、やっとこさパワーストーンのブレスレット頼んだんだ!

 

今度先生(人間)に会うときに受け取るんだよ。全部おまかせで作ってもらってるの。

 

会うべき人に出会えるように、あとはよりひらめくように、石を選んでくれるそう。

 

「ゴリゴリの天眼石を・・・」って頼んだら、

 

「せっかくだからかわいいのにしましょうね」ってやんわり断られた。

 

ゴリゴリの天眼石のブレスレットを別のところで作るかどうかは、検討中。

 

ブレスレット受け取ったら、写真撮ってここに載せるね。

 

それから、石井ゆかりさんの年報がアップされたね。すごくためになるよ。

 

まだ読んでない人は、「筋トレ」って検索すると出てくるよ。おすすめ!

 

 

 

そんな感じかなー。みんな色々あると思うけど、年は明けたし春は来るよ。

 

一緒にがんばろうね。今年もよろしくね。

 

 

 

年末年始のお知らせ

例年通り、年末年始もやってるよ!

 

まあ年末は忙しいし年始はめでたいから相談も何もないだろうけど、一応お知らせね。

 

コンビニ行ったりねこをなでに行ったり本屋さんに行ったり、

 

お正月で人がいない道路を「なんてこった、生存者は俺だけなのか・・・?」と

 

人類が滅亡してしまったけど自分だけが生き残っている洋画みたいな設定で

 

妄想しながら原付で街を走ったりするくらいはあるだろうけど、基本的に家にいます。

 

昨日おろしたジャージのひもがピンク色なんだけど、

 

たったそれだけで「今日の私は洒落てるな」と思うくらい家にいます。

 

外出なよ!ていうか、ジャージで仕事するなよ!

 

でもね、思うんだよ。教会にはドレスコードあるじゃない?

 

神の前では失礼のないように、もしくは敬意を払って、ってことなんだろうけど、

 

神は教会にだけ降りるのではないし、祈るのは教会だけではないよ。

 

個々の家々にも、ひとりひとりにも、道端の枯れた花にも神は宿る。

 

えりの付いた服を着て教会にいる間だけではなく、

 

ジャージで仕事をしているときも、私たちは常に神の前にいる。

 

「教会では相応しい格好を」って言う人は、お風呂出た直後もえり付きのシャツを着るがよい。

 

あらやだ、着替えるのが面倒故に毒出ちゃった!

 

でも仕事をするときにちゃんとした格好をした方がいいのは、確かにそう。ほんとそう。

 

神事のドレスコードなんて知ったこっちゃないけど、社会的にはドレスコードあるよね。

 

でも外に出る訳じゃないのに着替えるのって、何か逆に申し訳ない気がするんだよ。

 

在宅勤務の人って、そこらへんどうしてるんだろう。

 

でも一日中ルームウェア着てる人って聞いたことないし・・・。

 

いや、ちょっと待って。これ何の話?私のジャージの話なんてどうでもよくない?

 

ちゃんとお知らせしてるの、はじめの1行だけじゃない?でも他に言うことなくない?

 

はい、もうじゃあこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

大晦日も元旦も、休まず営業!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでいいよ、これで。近所のスーパーの安売り感が出ていて、とてもよい。

 

はい、以上お知らせでした。

 

 

 

プレゼントの選び方

えっ、今年のクリスマスは3連休なの?土日?

 

じゃあクリスマス当日にお祝いする人が多いのかな。

 

アドベントより1か月も前からクリスマスのことを言い出す日本には

 

クリスチャンが少ないことの皮肉よ。

 

クリスマスって、女の子がかわいいのがいいよね。

 

一生懸命オシャレしたんだろうなあって思うよ。

 

って、何目線なんだろうね。

 

私は全身黒いよ。年間を通して。舞台の演出家か!

 

陰鬱な雰囲気をかもし出す手助けをしている。


そしてそんな陰鬱でクリスマスに何の予定もない私が

 

プレゼントを選ぶことだけは得意なことの皮肉よ。

 

 

 

プレゼントとは、センスだ。

 

センスと言っても、オシャレかどうかじゃない。

 

これは、少し前の話。

 

担当の美容師さんに髪をカットしてもらいながら、

 

「自分の髪って自分で切るんですか?」って聞いたの。

 

そしたら、こんなことを言っていた。

 

「自分では切らないよ、スタッフの子に切ってもらう。

 

  でも細かいこと言うから、切る方は嫌だろうなあ。」

 

私はそれを聞いて、

 

「センスってホスピタリティでしかないなんだなあ」

 

って思ったんだよね。

 

物に、できごとに、人に、敏感かどうか。

 

相手が、世間が、時代が、何を求めているかを察する。

 

それがセンスなんだと思う。

 

 

 

じゃあ実際にはどうやってプレゼントを選べばいいのか。

 

それはプレゼントを贈る相手のことを考えること。

 

ただただ、思い出して考えてみる。

 

その常態のまま、ただお店の中を歩く。

 

これはネットじゃなくて、足でお店を回るのがいい。

 

何でも揃ってる百貨店やショッピングモールがおすすめ。

 

何がいいかなってプレゼントを探すんじゃなくて、その人のことを思い出しながら歩くだけ。

 

そうやって歩いていると、「これだ!」と思うものが突然向こうから目に飛び込んでくる。

 

これはプレゼントを贈る人のことで頭が一色になって、

 

余計な情報が遮断されて頭の中とシンクロする情報だけが入ってくるんだと思う。

 

 

 

時間がある人は、今年は見当をつけないまま

 

ひらめきでプレゼントを選ぶのもいいと思うよ。

 

 

 

私が思うこと

カウンセリング中クライアントさんに、相談の内容をどう思うか聞かれることがある。

 

話の内容がくだらないですよね、とかこんな私ってどうしようもないですよね、とか。

 

そんなことないよ。そんなことない。

 

「視野が狭くなってるのかな」と思うことはあるけど、

 

「くだらないことで悩んでるよこの人」とは思わないなあ。

 

例えば「どれだけストレスを感じるか数字で表してください」

 

ってストレスチェックをするとするじゃない?

 

老後への不安が30で晩ごはんの献立を考えることが90なら、

 

食卓に問題となる何かがありそうだよね。

 

恋人に別れを告げられた人、夏休みの宿題が終わらない小学生。

 

誰かにとっては「よくあること」で片付けられても、

 

別の誰かにとっては世界の終わりのように感じるかもしれない。

 

だからくだらない悩みなんてないと思うよ。大丈夫。

 

 

 

あっ、くだらないとは思わないけど、これってどういうことなんだろうと思うことはあるわ。

 

「彼から連絡が来ないんです」という話を聞いてるのが

 

恋人すらいない私、っていうこのシステム何!?って。

 

リア充たちよ爆発したらいかがですか?とは思わないけど、

 

こんな私でごめんねっていう気持ちにはなる。

 

きれいなお姉さんに相談したいよねって。

 

 

 

というかね、くだらないだ何だって話をするなら、

 

私ほどくだらないことを気にする人間はいないと思うよ。

 

人が気にしないような小さなことが気になるから、こういう仕事をしているんだろうし。

 

永遠の思春期だしね。

 

 

 

だから大丈夫だよ。

 

 

 

はうる

少し前のことだけど、11月23日にライブに行ってきた。

 

CDにチケットの先行抽選券が入っていて、応募したんだ。

 

CDを6枚買ったのに外れた人も結構いて、2枚で当たったのは運が良かったみたいだ。

 

こういうことは、本当にめずらしい。私は自分のための願いは、叶わないことがほとんどなんだよ。

 

他人の願いを叶えるのは得意なんだけど。

 

振り返ってみると、好運が続いた気がする。ツアーのグッズを人から頂いたりとか、色々と。

 

 

 

セットはとてもシンプルで、深い夜の色に星がいくつかあるだけだった。

 

ツアータイトルは、「はうる」。

 

遠吠えを意味する英語、howlから。

 

負け犬が夜中に遠吠えをする、ということなんだろうな。

 

曲中に「負け犬」という歌詞も出てくるし。

 

 

 

ライブに行く前は、きっと号泣するんだろうなと思っていた。

 

でも前日の夜になっても当日の朝になっても、ライブ中ですら高揚感があまりなかった。

 

ホロリと涙することは何度かあったけど。

 

歳を取ったとか理由はいくつかあるけど、一番大きな原因は私の仕事にあるんだろうな。

 

この仕事を始めてから、人に期待をしなくなった。

 

人の本音を聞き過ぎているし、人を観察し過ぎているから。

 

それに私は「すごいですね!」と言われることが好きではない。

 

本当は先生と呼ばれることも好きではない。人とは横並びでいたい。

 

だから誰かを尊敬することはあっても、憧れることはなくなったな。

 

そういうのが行き過ぎると、人を寂しくさせるから。

 

 

 

ライブは、アーティストの「あ゛ーーーーーー!!!」という大絶叫で終わった。

 

喜怒哀楽が薄い彼のその遠吠えは、強く印象に残るものだった。

 

傷付きやすくて繊細だからこそ表情が一定で、本来は感情が過多なんだろう。

 

あの遠吠えをさせる「何か」は、いつも無表情で人に冷たい私にもあるような気がした。

 

 

 

秋の夜長に

突然だけど今日は、おすすめのWebコンテンツを紹介するよ。

 

えっ、スピリチュアルな話とか心理とかコミュニケーションとかのこと話さないの?

 

うん・・・、聞かれたら答えるけど、私から伝えたいことは特にないし・・・。

 

「聞けYO!俺の熱いメッセージ!」とかもないし・・・。

 

URL貼っていいのかわからないから、気になるものがあったら検索して見てみてね。

 

 

 

■サイト

 

「雑貨kUkan」

 

毎日ひとつずつ、シャレオツな雑貨を紹介。

 

値段が高く全く実用的じゃない雑貨たち。

 

ネットだからこそ出会える商品だねー。

 

 

 

「queroneco.net」

 

かわいくなくてかわいすぎるぬいぐるみたち。

 

どこか憂いがあって、シンパシーを感じる。

 

 

 

「2ちゃんねる まとめ」

 

まとめサイトをたまに一気読みする。

 

「ほのぼの絵にっき」、「おいしいお」、「不思議.net」、

 

「嫁ちゃん愛してる」、「みんなの馴れ初め話」を読むよ。

 

 

 

■動画(YouTube)

 

「THE MAKING」

 

物が作られる工程が見られる。

 

工場見学を体験しているみたいでおもしろい。

 

知ってるかい?ぼっちは工場見学できないんだぜ・・・?

 

工場見学に行きたかったんだけど、ほとんどの工場が受付が2人からなんだよね。

 

仕方がないので探したら、動画があったんだ。

 

切なく悲しい理由で見つけた動画。

 

 

 

「渋谷スクランブル交差点 ライブ映像」

 

私、昔から定点カメラがすきなんだ。

 

朝4時くらいにテレビで見かけるやつよ。

 

東京駅の新幹線乗り場とか横浜とかどこかわからないところの横断歩道とか。

 

いろいろな場所のライブ映像があるけど、

 

それが場所は限定されてしまうけどすきなときに見られるのはうれしいねえ。

 

おすすめは渋谷スクランブル交差点。

 

土日に人がわさわさいるのを見て、「人がゴミのようだ!」とムスカの気分に浸るもよし。

 

深夜の人が少ない渋谷を見るのもよし。

 

あとは人工衛星から届く地球のライブ映像もおもしろいよ。

 

「EARTH FROM SPACE」検索で出てくる。

 

どんな場所にしても、俯瞰で観察をすることは神々の遊びですな。

 

 

 

「バラバシエイジ」

 

はむはむというハムスターの動画。

 

飼い主さんの愛情がいっぱいつまっている。

 

飼い主さんとはむはむが妄想でお話しするシリーズがだいすき。

 

初めから順番に見るのがおすすめ。

 

あるときから更新されないのが切ない。

 

 

 

「お菓子作りの技」

 

海外のカラフルなお菓子やケーキ、屋台の食べ物を作っているところが見られる。

 

着色料えげつないけど、見てる分にはたのしい。

 

 

 

■アプリ

 

「ぼくのおねがいきいて」「台風コロッケ」

 

ゲームとしておもしろい訳ではないんだけど、両方とも息子がお母さんのために頑張るもの。

 

おばちゃん、けなげな子に弱いのよね。

 

 

 

「コスモロジー」

 

これもゲームとしてのおもしろみはないけど、キャラクターや音楽に癒される。

 

この音楽かけて寝たら、ぐっすり眠れそう。

 

 

 

「ヒュプノノーツ」

 

人生の苦さを味わうようなストーリーのアドベンチャーゲーム?RPG?

 

子供は大人の都合に振り回されるし、大人になったらなったでしがらみがある。

 

それでも大人になった今、何ができるかな。

 

 

 

「Alto's Adventure」

 

スノーボードで課題をクリアしていくアクションゲーム。

 

走るゲームが多い中、これは疾走感がいい。

 

音楽と絵柄がやわらかいから、アクションゲームが苦手な私でもできたよ。

 

Androidだと無料なんだけど、iPhoneだと購入しなくてはならないらしい。

 

 

 

「NHK プロフェッショナル 私の流儀」

 

「プロフェッショナル 仕事の流儀」という

 

番組風の動画が作れるアプリ。

 

はむはむの動画を見ていたら出てきて知った。

 

スガシカオのあの番組主題歌もついている。

 

規約上、動画をネット上にアップできないのが残念だけど。

 

「プロフェッショナルとは?」の問いに、したり顔で語っている動画を作ろう!

 

 

 

これくらいかなー。たくさんあるから、お時間あるときにどうぞ。

 

おすすめ!

 

 

 

ここからは、このブログについてのお知らせ。

 

今日からコメント欄を設定します。

 

各記事の下にある「comments」をクリック

 

またはタップすると、入力画面が出てきます。

 

実に4年振り。お返事はしていく予定。

 

今のところ自由にコメントができるんだけど、

 

見ていて気持ちがいいものではないものは

 

申し訳ありませんが削除させていただきます。

 

過去のものも全部コメントできるよ。お気軽にどうぞ。

 

あとは、ソーシャルボタンを設定しました。

 

TwitterとFacebookにブログの記事のURLを送れます。

 

スマホとタブレットなら、加えてLINEも。

 

これもずっと設定しておくかは未定。まずはやってみよう!のおためしね。

 

以上、お知らせでしたー!

 

 

 

絵本

「学生時代は運動部でした」と同じくらい私が人から意外だと思われるもの、

 

「本は読みません」。

 

何故なら本を読むと疲れるから。

 

私はドリーマーというかすぐに妄想するので、物語の場面をひとつひとつ脳内で映像化するし

 

文章にならない登場人物の気持ちを考える。

 

気に入った文章を何度も読むためにページを行ったり来たりする。

 

本という2次元の世界を脳内で3次元に変換しているのだから、なかなか進まないし疲れるよね。

 

今は漫画を読むことが多くなった。

 

あとは、絵本。幼児向けから大人向けまで、何でもすきだなー。

 

 

私のおすすめの絵本トップ3は、

 

「やさしいライオン」

 

「戦争で死んだ兵士のこと」

 

「しろくまちゃんのほっとけーき」

 

読んだ後にあたたかくなるものがすきだなー。

 

それとは正反対だけどすごく惹かれるのは、

 

「おぞましい二人」

 

読んで怒り出す人もいるくらい酷い話だけど、

 

描かれている惨めさやどうしようもなさに個人的に思うところがある。



 

最近何かすごいなと思ったのが、

 

「すきになったら」

 

という大人向けの絵本。

 

登場人物は2人だけ。

 

小さな女の子が恋をした気持ちを語っている。

 

でもその恋をした相手がアレなのよ、アレ!

 

「相手がどんな人かは関係ない」と言いたいのか

 

相手が何を考えているのかわからない喩えなのか

 

「男はみんな狼よ!」ということなのか・・・。

 

 

「何でこんな人を好きになったんだろう?」

 

本当にこの人でいいのか、迷うよね。

 

もっとやさしくて大切にしてくれる人はいるのに。

 

でも「できた人」を突き詰めると、聖人君子にたどり着いちゃうよ。

 

聖人君子は恋とかしないよね。博愛あるのみ。

 

そもそも「何で」とかじゃなくて、すきだからすきなんだろうね。

 

性格や職業などの条件をあげたところで、実際すきになるときは関係ないものみたいだし。

 

「何で彼が好きなのかわかりません」

 

と聞かれても、理由なんてないんだから考えても仕方ないと思うよ。

 

「何であの人が好きなのか」は、「あなたのこころが好きだと感じるから」だもの。

 

 

自分の気持ちに迷ったら、「すきになったら」を読んでみるといいかも。

 

おすすめ!

 

 

テキストを配布します

この前ちょっと言ったけど、カバラ数秘術のテキストをお配りしようかなと思う。

 

はい、どうぞ(*´・ω・`)つ□

 

・・・のその前に、何点か案内があります。 

 

 

 

1、初心者用です

 

カバラ数秘術の全てを網羅している資料ではないの。

 

「かばら・・・?それなあに?」という人向け。

 

無責任ですまないが、カバラの専門家じゃないし、そもそも占い師じゃないからね。

 

じゃあ何の仕事?って聞かれると困るんだけど・・・。

 

「話したり聞いたり屋」さん?何それ?面倒くさいからニートでいいや、ニートで!

 

2、テキストの売買はお断りします

 

無料で手に入れたなら、誰かに渡すときも無料であげてね。

 

3、時期は参考程度に

 

カバラ数秘術は、パーソナリティを占うのが得意。

 

この時期に何が起こるのかを占うのはいくつか方法があって、そこは苦手な占術。

 

一応ひとつ載せてはいるけど、参考程度に。

 

というか占いは占いだから、振り回されないでね。当たるも八卦、当たらぬも八卦。

 

「複雑な血液型占い」くらいの姿勢で。

 

4、雑ですが何か?

 

私が作ったテキストよ?そりゃあ酷いところいっぱいあるよ。

 

あと閲覧するソフトで表示が若干変わるからページがずれることがあるけど、

 

それは受け取った人が見やすいように編集してね。

 

字が細かいから、印刷して見てね。

 

5、質問は受付しておりません

 

あくまで資料の配布となります。ごめんね!

 

6、見られなかったらごめんね

 

ごめんね!

 

 

 

それくらいかなー。

 

テキストをブログにアップする技術がないから、

 

申し訳ないんだけどご希望の方は下記をご入力の上、メールを送信して下さい。

 

テキストを添付して返信します。

 

1、氏名

 

2、生年月日を西暦で

 

本人のこの数字だけは、私も算出します。ここを間違うとアレなので。

 

でも算出方法は簡単、あくまで念のためね。

 

3、すきな色

 

4、海と山、どっちがすき?

 

 

 

以上です。

 

3日経ってもメールが届かなかったら、別の方法でご連絡下さい。

 

それでは、メールをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

↓もはや何のメッセージ性もないTwitter。お気軽にどうぞ。

 

  @flash_contact

 

 

 

 

 

 

災害について

8月もそろそろ終わりに近付いていて、暦の上ではすでに秋を迎えている。

 

秋といえば?読書の秋?芸術の秋?食欲の秋?

 

イエス、お肉!イエス、スイーツ!

 

っていう話は、お肉マイスターやスイーツブロガーにおまかせするとして、

 

秋といえば、災害です。災害の秋。

 

去年の今頃、ブログで言ったことと同じ。台風が増えるしね。あとは地震ね。

 

今日はその地震について話そうと思う。

 

 

 

近頃関東では毎日のように、揺れを感じるような地震が起きている。

 

どこで大きな地震が起きてもおかしくないけど、

 

特に関東在住の人はこれから1ヶ月半くらいの間は気を引きしめてほしい。

 

ネットでは地震の予知がアップされてるけど、

 

盲信せずに、でも災害への警戒心は持ってほしい。

 

 

 

地震には、特色がある。ないのもあるけど。

 

阪神淡路大震災では、家屋の倒壊と火災。東日本大震災では、津波と原発、とかね。

 

そして関東では、地盤沈下とビルの老朽化、江戸川区・葛飾区辺りの下町の火災、

 

東海原発も問題だけど情報規制がかかって、

 

福島原発以上に情報は入ってこないだろうな。

 

人も物も集中している東京とその周辺だからこそ、

 

被害が桁外れであることは予想に難くない。

 

 

 

今のうちにしておくことは、

 

1、災害時に必要なものの準備

 

・飲料水

 

・簡易トイレ もしくは 猫砂

 

だまされたと思って、猫砂は買ってほしい。

 

・ペットトイレ用消臭剤

 

・1週間分の食料

 

・つばの深い帽子

 

お風呂に入れず頭ぼさぼさ肌がぼろぼろの状態で

 

水をもらいに行くなどのために人に会うから。

 

あとはもうキリがないけど、

 

乾電池、充電器、ラジオ、マスク、軍手、

 

痛み止めなどの薬、ばんそうこう、包帯、タオル、

 

ティッシュ、ウエットティッシュ、懐中電灯・・・。

 

細々したものは、防災リュックがあれば便利だね。

 

2、普段よく過ごすところで地震があったら

 

    どう行動するかシミュレーションしておく

 

机の下など身を隠すところ、非常口のチェック、最寄りの避難場所の確認。

 

3、危険物の移動

 

ベッドの周りに高さのあるものがあれば別のところに移動させる、

 

ガラス製品のような割れ物は高いところから低いところへ移しておく、など。

 

4、車のガソリンはなるべくこまめに入れておく

 

5、家族と災害について話し合う

 

学校や勤務先など、家族が昼間いるところの住所、

 

災害用伝言ダイヤルの利用などについて、今のうちにお互い知っておこう。

 

6、ハザードマップのチェック

 

ネットで地域ごとにハザードマップが見られるよ。

 

私の家は、揺れやすさレベル6のMAX。なんてこった・・・。

 

でも知っておくことで、家屋が倒壊しやすいとか

 

津波が来るかもとか予想ができる。

 

地震が起きたときにどう行動すればいいのかの判断材料になるよ。

 

7、自宅や勤務先の建物がいつ建てられたか調べる

 

建築基準法(耐震基準)は何度か改定されているが、

 

一番の目安は1981年6月以前か以降か。

 

ただ、1981年以降に造られた建物が阪神淡路大震災で倒壊している。

 

阪神淡路大震災によって2000年に改訂されたが、

 

2000年以降に造られた建物が熊本地震で倒壊している。

 

一体、何を基準にすれば・・・?

 

最低のラインで1981年より前にできた建物は危険ということは言えるだろう。

 

その建物に長くとどまらずに、早めのタイミングで避難所に移るのがベター。

 

 

 

これらを、この土日でやってほしいんだよなあ。

 

どんなに遅くとも、8月中には終わらせてほしい。

 

 

 

地震が起きたらすることは、

 

1、大きな揺れから身を守る

 

2、情報を知る

 

噂をうのみにしない。報道にしろ現地の人にしろ、何が本当か見極める。

 

地域のアナウンスに耳を傾ける。

 

3、避難するか自宅にとどまるか判断して行動する

 

4、自宅に留まる場合は生活用水をためる

 

地震直後は、しばらく水が出る。

 

飲み水もだけど生活用水もないとすごく困るよ。

 

「でも水を自分だけためるなんて・・・」なんて思わなくていいの。

 

まず自分のこと、家族のこと。その後、地域で助け合うんだよ。

 

災害とはそういうものです。

 

何かが余ってるなら「〇〇あります」って家の壁に張り紙して

 

ご近所さんと分け合えばいいの。

 

地震直後は豪族の如く水をためてね。千葉県民なら千葉の豪族、蘇我氏の気持ちで!

 

5、避難生活・自宅待機中はねこの気持ちで

 

エコノミークラス症候群を防ぐため、ねこみたいに建物の中をうろうろしよう。

 

お水を飲むのも忘れずに。

 

猫砂を買ったかしこい人は、ここで猫砂が活躍。

 

それからすごく大事なことは、ねこのように柔軟に、でも気高く生きること。

 

被災地では、犯罪が多発する。

 

でも避難生活をして精神をすり減らしていると、色々なことに鈍くなるんだよね。

 

犯罪が起きても、「有事だから仕方ないよね」と

 

被害者に我慢させる風潮が出てくる。何だそれ!

 

小さい男の子、女の子、女性、肉体的な力が弱い立場の人が犯罪に遭いやすい。

 

大人は子供から目を離さず、女性はできるだけ大勢の人の中にいてほしい。

 

被害に遭わないようにすること、犯罪を擁護しないこと。気高く、ね。

 

気高くとはどういうことかは、黒木渚の「大予言」という曲がおすすめ。

 

YouTubeに動画があるから、聴いてみて!

 

 

 

電話もネットも繋がらず、テレビも見られない。

 

ラジオから流れてくるのは、悲惨なことばかり。

 

でも他に何もすることがなくて、鬱々とする。

 

私はね、地震起きて仕事できなくなって、何もやることもなくて、

 

可能な精神状態であれば、漫画読んじゃうんだ!

 

あっ、あとね、大きな地震が来ても、私は五体満足に無事でいる!絶対に!

 

みんなもそうでしょ?

 

色々こわいこといっぱい書いたけど、

 

もし地震があってもその後また話すしさー。

 

震災後こそカウンセリングですよ。

 

 

 

混乱と悲しみの中にありながら、粛々と生活し、誇りを忘れないこと。

 

地震があってもなくても、また話しましょう。

 

では。

 

 

 

 

 

 

NuRIE

本屋さんに行くと、人が今、何に関心を持っているかがわかる。

 

お洋服屋さんに行けばファッション関係の流行りはわかるけど、

 

食べ物の流行りはわからない。

 

でも本屋さんなら、色々なジャンルがわかるよね。

 

流行ってるものがいいものかどうかは別だけど。

 

でも需要が高まってることには、それなりに意味があると思うんだ。

 

例えば、日本のペットの飼育数。

 

最近、ねこちゃんがわんこを上回ったけど、これはやっぱり裏で震災が関係していると思う。

 

それに偶然が重なって何かが世に出てくる過程は、とてもドラマチックだ。

 

 

 

近頃、どの本屋でもよく見かけるのが、自律神経を静めるCDがついている本。

 

いや、でもあれって、CDつきの本じゃなくて本つきのCDだよね、うん。

 

購買層がCDではなく本を買うからっていうのも見越してだろうけど、

 

何よりCD離れが進む今の時代を反映しているね。

 

CDを買ってサビ以外を初めて聴くときの

 

あのワクワク感を今の子は知らないなんて・・・。

 

今はレコード会社がミュージックビデオをフルでアップしてしまうからね。

 

曲で売るんじゃなくて、人で売る時代なんだね。

 

 

 

あとは、大人のぬりえ。細かいやつね。

 

集中力がいるから思考の連鎖がストップするし、何よりぐっすり眠れるよ。

 

曼荼羅みたいで見てると落ち着くものもあるしね。

 

あっ、そうそう。こどものぬりえなんだけど、すごいものがあるよ。

 

その名も、「NuRIE(ヌーリエ)」。

 

去年の夏に小さないとことやったんだけど、それがまあ大きいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

いとこより大きい。

 

 

 

 

 

 

絵柄はいくつかあるんだけど、これは富士山。

 

あっ、そういえば何日か前に、富士山行ったよ。

 

今年の夏のレジャーは、海よりも山がおすすめ。

 

ぬってみるとこんな感じになる。

 

 

 

 

 

 

カオスだな・・・。ずっと見てると吐きそう。

 

マジックと色えんぴつと蛍光ペンを使って、

 

ぬるときに使うものを統一しなかったのが原因。

 

あと、ぬった人の層がバラバラだから。

 

このぬりえをぬった人たちが、こちら(昨年当時)。

 

いとこ・・・5歳、保育園児。おしゃまで負けず嫌い。

 

         ひとりっ子。将来の夢はプリンセス。

 

おば・・・44歳、主婦。末っ子。気も顔も若い。

 

       好きなショッピングサイトは、ZOZOTOWN。

 

私・・・34歳、在宅勤務。毒とゆるいものを好む。

 

     コミュ障なのに人と話す仕事をしている。

 

妹1号・・・29歳、派遣社員。地味だがゴシック好き。姉(私)と仲が悪い。

 

まあ見事にバラバラだよ・・・。

 

この時点で、妹2号は嫁に出て家にいない。

 

そして現在は、1号も嫁に出て家にいない。

 

この前、いとこに「ゆきひとりだけど、大丈夫・・・?」って聞かれた。

 

や、やめろ・・・!6歳児のその気遣いが、逆に痛いよ!

 

 

 

 

 

 

富士山だねー。右のクマは、サランラップのCMのくまみたいだね。

 

 

 

 

 

 

複数ある木ときつねみたいなのに、うんざりした。

 

何度ぬればいいのか・・・、って苦行みたいだった。

 

 

 

 

 

 

この一帯をぬったのは私なんだけど、

 

私の配色はどういうわけか男子小学生みたいになる。

 

私の中に、男子小学生が住んでいるんだろうね。

 

箱もシャレオツよ。

 

 

 

 

 

 

複数人でぬるのがコツ。

 

協力し合ってぬらなきゃいけないから、こどもにすごくいいよ。

 

兄弟げんかしながら、話し合ってぬるといい。

 

夏休みだからこどものいるおうちや、

 

こどものいるお友達の家に遊びに行くときにおみやげにするのもいいと思うよ。

 

こどもはめちゃくちゃよろこぶよ、これ。

 

あとは大人だったら実際には難しいだろうけど、会社のオリエンテーションによさそう。

 

 

 

いくつか種類があって、Amazonで買えます。

 

この夏、おすすめ!